トップ > 本/CD/DVD/絵画  > > 【絵本】諏訪の龍神さま

【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま
【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま 【絵本】諏訪の龍神さま
【絵本】諏訪の龍神さま
拡大画像

【絵本】諏訪の龍神さま

価格 : 2,200円(税込)
ポイント : 22
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

信州・諏訪湖には、大きな大きな龍神さまがいらっしゃいました。

あまりにも大きかったので、全国の神さまが出雲に集まる旧暦の10月、諏訪湖の龍神さまは出雲に行かなくても良くなったとか…。

そんな民話が諏訪エリアには残っています。

古くから伝わる諏訪明神と心に住む龍神にまつわる4つの伝承を分かりやすく絵本で紹介。巻末に「諏訪の龍神様之図」「龍神さま年表」を掲載しています。




 

1.『信濃には神無月がない』


諏訪湖には、大きな大きな龍神さまがいらっしゃいました。 旧暦の10月、出雲で行われる全国の神さまの集まりに行くと、あまりにも大きかったので、頭は出雲でも、尾はまだ諏訪湖にあった。そんな姿を見た出雲の神が「そのような大きな体では、ここまで来るのもひと苦労であろう」とおっしゃいましたので、出雲に行かなくてもよくなったとか…。 こうして信濃では、龍神さまがいるので10月を『神在月(かみありづき)』と言うようになった。



 

2.『蒙古襲来』


九州が元(げん)の船に攻められた時、諏訪の龍神さまが飛んで行き、大風を起こして撃退した。



 

3.『泉小太郎伝説』


諏訪明神さまの化身である犀龍(さいりゅう)が、白龍王と夫婦になり、産んだ人間の子・泉小太郎と協力し合って松本と安曇野を切り開いた。



 

4.『甲賀三郎物語り』


蓼科山の地下から出られなくなった甲賀三郎が、地下の国・維縵国(ゆいまんごく)の王から贈り物【千頭 の鹿の生肝でつくった餅、菅という草であんだ行縢(むかばき)、御玉井紙(みたまいがみ)、萩の花、厄除けの投鎌(ないがま)、梶の葉の紋の直垂(ひたたれ)、三葉柏の幡】を貰い地上に出ると、大きな蛇になった。



 

龍神スポットのご紹介





 

製品概要

言語 ‏:‎ 日本語
大型本‏ :‎ 32ページ


入力された顧客評価がありません。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

※入力の際にはログインをお願いします。ポイントが反映されません。





ページトップへ